おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、楽しそうな話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ネッシーハント&音楽祭の話

芸達者なタコの話

魚の餌付けをするのは誰だ?・・・という話

ケージ・ダイビング気分を味わえる水族館の話


幸せを呼ぶ金の魚の話

おばあちゃんの初釣果は大ザメだった・・・という話

巨大バスをねらう3人の男達の話

巨大イカの展示は大仕事だ・・・という話

ジンベイザメが泳ぐ水族館の話


巨大イカが光る!・・・という話

アマゾン川泳ぎきり計画ついに始動という話

刺青魚が販売されたという話

ニューポート水族館での新しい試みとは・・・という話

アマゾン川に挑戦する男の話


一日一魚を成し遂げた男の話

人を恐れないペンギンの話

ヨーロッパ初ベルーガの赤ちゃん誕生という話

ロンドンに誕生するという巨大水族館の話  

新人芸術家の正体は?・・・という話


自分のクレーターを自慢する魚の話

トンガ発海で漁をする豚の話

魚がロボットビークルに乗って陸上を探検する話

夢のような海中ホテルの話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

新人芸術家の正体は?・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。今日は哺乳類の話です。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
London, Thursday 05.10.06 source: www.thisislondon.co.uk

Maggieちゃん11歳は、Pittsburgh Zoo & PPG Aquariumにすむアシカです。得意技は絵を描くこと。トレーナーのKesha Pharesさんは去年から彼女に絵を描くことを教えてきました。

Pharesさんによるとアシカはとてもスマートな動物で、絵を描くことによって彼らの心がアクティブになるのでは、とのこと。
SPONSERD LINK

絵筆をとらせて紙の上をひとなでさせるのに3ヶ月かかったそうです。

アシカは色盲なのでPharesさんが絵の具の色を選び、筆に絵の具をつけてやります。するとMaggieちゃんはさっと一筆描いてごほうびのお魚をゲットするのです。
絵の描き方にアシカ流というのがあれば、Maggieちゃんのはキャンバスの右側によりたくさん絵の具を塗りたがるスタイルのようです。

石川県は「のとじま水族館」のゴマフアザラシ・ミーシャ君は、逆立ちして岩のくぼみにはまり込んでじーっとしているそうです。理由は不明だとか。
動物は、みんなそれぞれお気に入りのスタイルを持って一生懸命生きていくんですね。

記事作成日:2006年10月05日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.