おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

北極で発見された『モンスター』の話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Thursday, 5 October 2006 source: news.bbc.co.uk

北極のスバールバル諸島で1億5千年前 の化石が見つかったそうです。
発見されたのは、海生爬虫類の plesiosaurs 首長(クビナガ)竜類と
ichthyosaurs(魚竜類)です。骨格の一つはそのあまりの大きさのためモンスターとのあだ名を付けられました。この生物達は当時の冷たく深い海では一番の肉食動物でした。

発見された場所は、スバールバル諸島でももっとも大きなスピッツベルゲン島の僻地です。この周辺では大量の化石が見つかっているようで、発掘 co-directorのJorn Harald Hurum 氏も「骨を見つけずに100メートル以上は歩けない」と語っているほど。
SPONSERD LINK

Ichthyosaurs はイルカのような外見で、一方plesiosaurs はスコットランドのネス湖の怪獣に似ているそうです。こちらは小さい頭にとても長い首を持つ種類と、大きな頭に短い首の2種類いるそうで、短い首のものは
pliosaurus として知られています。

今回の発見は巨大な pliosaur の方で、首の骨はディナープレートの大きさ、下あごの歯の大きさはバナナほどあるといいます。

骨は全部掘り出されたわけではないようですが、頭蓋骨は約3メートル、体長は鼻の先から尻尾までおよそ8メートルと考えられています。
Dr Hurum によると、驚くべきことにここにはすべての骨が残っていて、世界中どこを探してもこれほど完璧なpliosaur の骨格はない、とのこと。

また研究者は、この生物達が攻撃し合っていた証拠も見つけ出しました。
ichthyosaur の歯が plesiosaur の首の骨に埋まっていたのを発見したのです。

化石は21体のロングネックplesiosaurs、6体のichthyosaurs、1体のショートネックplesiosaurから成っていました。骨はblack shale(黒色頁岩)と呼ばれる岩石に埋まっていました。生き物達は死後、ほとんど酸素のない深い海の底の泥に埋まっていたと考えられます。Dr Hurumは、泥の何らかの化学変化によって骨がよい状態で保たれたと考えています。

ノルウェーの諸島で発掘された海生爬虫類は、イングランド南部で知られているものとよく似ているそうです。Dr Hurum によると生物達は同じ海に住んでいたのでは、との事。彼は北極で発見したものと英国で発見したものとを比較するというプランを立てているようです。

スバールバル諸島の発掘は、Dr Hurum Hans、 Arne Nakrem それにオスロのナチュラル・ヒストリー・ミュージアムによって行われました。ミュージアムは2007年夏に発掘を再開するためフィールドに戻るそうです。

こんなにでかいプレデターが海の中をワッセワッセと泳いでいたんですね。
古代のロマンだ。
そしてそれがそっくりそのまま化石として現代に現れるというのも、何だか自然のすごさを感じます。

記事作成日:2006年10月06日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.