おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、残念な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

世界で一番白いビーチのはずが・・・という話


うっかり捕獲してしまったジンベエザメの話

傷心のあまり死んでしまいそうなイルカの話


またしても生きた化石の話

アメリカのジンベイザメの悲しいお知らせ


人気者の魚が死んでしまった悲しい話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

人気者の魚が死んでしまった悲しい話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
San Francisco, California (Oct 14, 2006 18:39 EST)Underwatertimes.com News Service

Swish はお皿のような形をしたpacu (パクー)で、大きさ30インチ、重さは32ポンド、年は31歳でした。サンフランシスコのチャイナタウンのレストランで飼われており、彼は20年近くレストランの水槽をパトロールし、にんじんスティックをボリボリ食べ、常連さんに挨拶し、水槽の清掃係とのスキンシップを楽しんでいました。

パクーは南アメリカ原産で、平たく丸い体型で鋭い歯を持っています。よく「ベジタリアンのピラニア」として知られています。彼の好物はりんごとにんじんで特別な場合にはぶどうをもらっていました。
SPONSERD LINK

悲劇が起こったのは8月でした。ある朝従業員が店に着くと、水槽から水が漏れだし、レストランは水浸しで、Swish がほとんど空の水槽に横たわっているのを発見したのです。

水槽のメンテナンスを行っていたClayton Aquariums のスタッフが11日間看病しましたが、その甲斐なく8月15日彼は亡くなってしまいました。

レストランの経営者は彼を猫かわいがりしていたのでとでも悲しがっていたようです。その後レストランは「Swish ファンド」への寄付金として500ドルを集めました。

現在は5、000ドルの淡水用水槽を設置し、新しいパクーがやって来ました。これは店の常連客が自宅で育てたパクーを彼に寄付したものだとか。Clayton Aquariums のスタッフによると、新しいパクーはグッドな魚でSwish2世になる可能性十分とのこと。

パクーというのは一見ピラニアに似ていますが、その種ではないそうですね。フライにすると結構いけるらしく、ブラジルではよく食べられる魚みたいです。
それにしてもヒトナツコイ魚というのもいるモンですね。ウチの知り合いの飼ってる金魚はエサの時間になると上の方に上がってパクパクします。時間が遅れたり、ちょっとあげなかったりすると拗ねて隅に隠れたまま出てこなくなったりするかわいいヤツです。

記事作成日:2006年10月15日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.