おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、不思議な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

魚の首のネックレスの正体は・・・?という話

氷に埋もれた謎の骨の話

サメに恋心をいだかせる方法とは?・・・という話

イセエビの夜毎の大冒険の話

天の声で助かったサーファーの話


これは海のヘビなのかムシなのか?という話

北の海で捕まったサメの行方は?・・・という話

コイの季節のコイの受難の話

熱帯魚がいない・・・という話

足のあるサメの話

ミステリアスな冷たい渦巻きの話


それはネス湖と同じモンスターか?という話

凍った湖の奇妙な穴の話

なくした指輪が見つかった話

こんなところになぜサメが?という話

それはセミノール湖のネッシーだったのか?という話

珍しいサメの歯が盗まれたという話


またもや姿を現す深海魚の話

生きてる「生きた化石」の話

ただ乗りしたのはもしかしてダイオウイカ?・・・という話

火災報知器をならした犯人は誰だ?という話

テムズ川に現れたクジラの謎が解決したという話

ミステリアスな深海ザメの話


田舎道でバッタリ出くわした海の生き物は・・・という話

シベリアにあるという底なし湖の謎を解けという話

フィヨルドに現れたゼラチンボールの謎を解け、という話

サメの攻撃から人を守ったイルカの話

地震を予知した魚の話

アヒルの卵から孵ったものは・・・?という話


アヒルを食べた犯人は誰だ、という話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

シベリアにあるという底なし湖の謎を解けという話

魚ニュースといいつつ今日はとある湖の話です。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Siberia, Russia (Oct 27, 2006) Russia-IC

シベリアは プリヤートの人で、"fear's resedence" の評判を持つ
Sobolkho 湖(ソボロホ湖)の事を聞いたことのない人はいないそうです。信じられないことですが、この湖の正確な深さはいまだに知られておらず、おまけにこの湖の周りの地域は人や動物が行方不明になることで有名なのだそうです。彼らはみな溺れたと考えられますが、いまだかつて湖の底から引き上げられたものはいないのです。さらに、そこで溺れた動物が時々他の池で見つかったりすることもあります。夜な夜な湖の上に鮮やかなピンクの明かりが現れるという現地の人の目撃談もあります。それは溺れた人や動物が死後の平和を願って現れる魂だと考えられているのです。
SPONSERD LINK

現地の人々はその湖は長い間魔法にかけられていると考えなんとか魔法を解こうと努力してきました。しかし Russian Academy of Sciences (RAS) の科学者達は、Sobolkho 湖は固有の地殻構造につながる
natural geopathogenic zone の典型的な例であるという意見を固めたのです。

長い間死の雰囲気が湖を取り巻いていましたが、ここ数年は犠牲者の数は減っていました。多くの人がこの湖を避けるようになり、子供達は近づくことを禁止されたからです。

不可解な物語が RAS の科学者達の興味を引き、彼らは Sobolkho 湖の深さを探索する調査隊を結成しました。湖の直径は約30メートル、周りに植物はなく氷のように冷たい濃い色の水をたたえていました。科学者達は幾つかの地点で深さを測り、最深の結果は13メートルとでました。これはこのような小さな湖としては確かに深いですが、他の場所で計測機器が底に着かない場所もあったりして研究者達は困惑します。

RAS の科学者による調査よりも前に実験的リサーチもされていました。1995年アマチュアのダイバーグループが謎を解こうと調査を開始しました。しかし、努力は無駄に終わってしまいます。何人ものダイバーが死に直面してしまったのです。例えば非常に深く潜った勇敢なメンバーの1人は水中の渦に巻き込まれてしまいます。後に彼は湖から数百メートル離れた場所にあるVitim 川の川岸で発見されています。このことによって Sobolkho の謎に光がさしこんできました。というのも湖とVitim 川をつなぐ水中の水路が存在する証拠が判明したからです。

この10年間に300頭の馬と500頭の牛が湖に消えています。人間の犠牲者も例外ではなく、1999年から2000年の間に25人が湖で死んでいます。この先どれだけ長く人々や動物達は湖で行方不明になるのか?本当に湖は底なしなのか?など等、湖にはいまだに数多くの疑問が残っています。 Sobolkho 湖付近の住民は単純にこの湖が底なしであることを信じています。予測しうるおおよその深さは250メートルといわれていますが、より深くには不確実なものしかなさそうです。


この世の中にもいまだに謎に満ちた場所というのはあるもんなんですね。それにしても毎夜現れれるのがbright pink light (鮮やかなピンクの光)だというところに管理人はものすごいカルチャーショックを感じてしまいました。人魂のイメージって青白い淡い光がチラチラと・・・って感じしませんか?

記事作成日:2006年10月30日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.