おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Honolulu, Hawaii (Oct 31, 2006 19:40 EST) Underwatertimes.com News Service

北西ハワイ諸島の French Frigate Shoals (フレンチフリゲート瀬)Marine National Monument (海洋国家遺産)で3週間にわたる調査の結果数多くの新種の生物が発見されたそうです。

世界的に有名な taxonomists と経験をつんだサポートクルーのチームが新種と考えられる多数の生物を採集したり、写真に収めたりしました。彼らが発見したのは、カニ、サンゴ、なまこ、sea quirts (sea squirt ホヤのことか?)、ムシ、ヒトデ、巻貝、 二枚貝などの新種でした。別の場所では確認されていたものの、今までフレンチフリゲート瀬や、ハワイ諸島では記録になかった種類も発見されたのです。この調査で百を超える新種の記録が確認されそうです。
SPONSERD LINK

科学者達はNational Oceanic and Atmospheric Administration Ship Oscar Elton Sette によってフレンチフリゲート瀬の
biodiversity の調査に乗り出しました。目的はカニ、ムシその他の無脊椎動物、藻、微生物などの small marine organisms の研究でした。Natural History Museum of Los Angeles County のDr.Joel W. Martin は調査は成功だったと語ります。以後数ヶ月、あるいは数年かかって形態学的な調査や 遺伝学的配列データの分析をしてこれらの生物を特定して分類し、これらの種がどこから来たのかを明らかにしたい、とのこと。またいるはずだと思っていたが見つからなかった動物がいたことも重要視しています。普通にさんご礁にいる動物達がいないということ、はフレンチフリゲート瀬の植物相と動物相がいかに類のないものであるかを示しているそうです。

チームは生物を採集するために様々な方法をとり、環礁の50以上の異なった地点を調査したそうです。その方法というのは、エサによるトラップ、荒石によるブラッシング、静かな吸い込みの水中バキューム、プランクトンネット 、ライトによるトラップ、浮泥と水のサンプリングなどで、環境に対する影響を最小にするために科学者、マネージメント・エージェンシー、一般の人々で1年にもわたり協議を重ねて決めたものです。200以上のサンプルが集まり、2,500以上の記録されたコレクションができました。

調査隊のメンバーは生物の採集だけでなく、すばらしい写真撮影も行っていました。これらの写真はウェブサイト上で見ることができます。また
Susan Middleton が最近ナショナルジオグラフィックと共同出版した北西ハワイ諸島の動植物の写真集 "Archipelago: Portraits of Life in the World's Most Remote Island Sanctuary" でもその美しさを見ることができます。

北西ハワイ諸島海洋国家遺産の管理をまかされている3つの保管エージェンシーのマネージャー達も調査結果に熱中しています。State of Hawaii Department of Land and Natural Resources, Division of aquatic Resources の Dr.Dan Polhemus は彼自身も無脊椎動物研究のエキスパートですが、調査に参加した科学者達の努力に賛辞を贈っています。そして彼によると、米国もこの調査の結果と、そこから得られる天然の海洋資源を管理する際のl利益を期待しているとのことです。



マリンナショナルモニュメントというのは世界最大の海洋保護区で、今年プッシュ大統領によって設立されました。日本の本州とほぼ同じ面積なんだそうです。ほとんどが無人島であるため手付かずの自然が残っているようです。
写真を見ているとオチャメな生き物が他にも色々いそうで楽しみです。

記事作成日:2006年11月02日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.