おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、どうなるのだろうという話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

温暖化でリーフフィッシュはどうなるか?・・・という話

赤珊瑚ジュエリーの行方はどうなる・・・?という話

魚の性転換に関連する化学物質を規制しよう・・・という話

復興の鍵となったフィッシュピクルスの話

メキシコの底なし湖の調査開始という話


侵略藻との戦いは続く・・・という話

深海魚の成長率が変わってきているという話

海を漂うゴーストヨットの話

ロブスターとクジラをめぐるバトルの行く末は・・・という話

アラル海を救うプロジェクトの話

イルカのチャットライン登場・・・という話


きれいになったテムズ川の話

売りに出された島の話

フィルとスムーシーの愛の行く末は・・・という話

暖冬に困惑するサーモンの話

北の海にもクラゲが満ちるという話

ワイキキのビーチを救え!という話


観光都市ヴェニスの将来は・・・?という話

フカヒレ料理の将来はいかに・・・という話

今ドバイが熱いゾという話

コククジラはどこへいったのか?という話

ホオジロザメは果たして水族館で生き残れるのか・・・という話

ジョージア水族館のGasper君の話


ダイエットにはげむサメの話

ヨーロッパの魚料理が危ないという話

フィッシュ&チップスに迫る危機の話

増えていくLionfishの話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

今ドバイが熱いゾという話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Dubai, United Arab Emirates (Nov 5, 2006 17:47 EST) Underwatertimes.com News Service

ドバイの沖にある人工島 Palm Jumeirah は環境に与える影響の問題を残しつつ最初の居住者を迎え活気づいています。

これらのプロジェクトは国にとってよい面がありますが、より多くの人々に伝わり天然資源にとってはプレッシャーがかかるようになると環境問題専門家 ibrahim al-Zu'bi 氏は語ります。

海岸沖にそびえ立ったパームツリーのような人工島 Palm Jumeirah から数マイルのところで "The World" の作業は続いています。これはまるでぼんやりかすんで見える惑星ような300もの島から成り立っているそうです。
SPONSERD LINK

"The World" は2008年までに完成する予定です。3つのパームの島は政府系デベロッパーである Nakheel(ナキール)社の仕事です。同社が発表したところによると Palm Jumeirah 内のフラット3,900室とヴィラの鍵を今年の終わりまでにオーナーに渡す予定とのこと。

5年前に建築が開始された島内で最も豪華なヴィラのお値段は4百万ドルだとか。

Nakheel 社のスポークスマンがAFPに語ったところによると、12月半ばまでにはパームに居住者が入るそうです。最初の居住者の到着の模様は集中的に大宣伝されるようで11月9にロンドンで始まります。Nakheel がチャーターした巨大な飛行船がランドマークの上を飛ぶそうです。同様の大宣伝がドバイでの不動産ブームにわくヨーロッパの投資家を反映して、パリ、ミラノ、ローマ、カイロなどで行われます。

一方残り2つのパームツリー型アイランドの工事は続けられています。
Palm Jebel Ali は湾の西部に張り出して建設され、Palm Deira は東部に建てられる予定ですが、こちらはまだ初期の段階です。Nakheel 社の仕事は湾の浅瀬に島を作り、バイヤーに渡して厳しいガイドラインのもとに発展させることです。Nakheel 社によると島の50パーセントはすでに販売済みとのこと。価格は1500万ドルから4000万ドルのものだそうです。

このプロジェクトが始まって数年たち海洋資源への影響を心配する声が依然のこっています。

Nakheel社のスポークスマン Adnan Dawood は環境は自分達にとっても重要であるといいます。人工島ができる前はこの地区には回遊魚が多かったそうですが、現在では以前いなかったところでも魚を見ることができるとか。15もの種類の魚が新しく住み着き、イルカも来るようになったと彼は言います。

しかし首長国ダイビング協会環境部門のディレクターであるZu'bi 氏は
Dawood 氏の主張に懐疑的です。このベンチャーの肯定的な側面も認めつつ、彼はNakheel社とのコミュニケーションの不足に不満を感じています。そして環境問題についても、人が思うようにはいかず、妥協することも必要だといいます。彼はドバイの成長速度が危険なほど速いと指摘します。ヨーロッパで50年の間に起こったことが、ドバイでは5年で起こっていると語っています。


ドバイは石油から得られる利益によって世界でも有数のお金持ちの国といわれていますね。2008年には世界一の高層ビルが建つそうだし、世界最大の屋内スキー場も2005年11月より営業しているとか。(暑そうな国でなんでスキー?という気がしないでもないですが・・・)
そういえばドバイ沖に海中ホテルを建設するという豪勢な話もありました。物価は高そうですが、治安はいいらしいです。お金持ちの方1室購入されてみてはどうでしょうか。

記事作成日:2006年11月07日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.