おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、楽しそうな話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ネッシーハント&音楽祭の話

芸達者なタコの話

魚の餌付けをするのは誰だ?・・・という話

ケージ・ダイビング気分を味わえる水族館の話


幸せを呼ぶ金の魚の話

おばあちゃんの初釣果は大ザメだった・・・という話

巨大バスをねらう3人の男達の話

巨大イカの展示は大仕事だ・・・という話

ジンベイザメが泳ぐ水族館の話


巨大イカが光る!・・・という話

アマゾン川泳ぎきり計画ついに始動という話

刺青魚が販売されたという話

ニューポート水族館での新しい試みとは・・・という話

アマゾン川に挑戦する男の話


一日一魚を成し遂げた男の話

人を恐れないペンギンの話

ヨーロッパ初ベルーガの赤ちゃん誕生という話

ロンドンに誕生するという巨大水族館の話  

新人芸術家の正体は?・・・という話


自分のクレーターを自慢する魚の話

トンガ発海で漁をする豚の話

魚がロボットビークルに乗って陸上を探検する話

夢のような海中ホテルの話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ヨーロッパ初ベルーガの赤ちゃん誕生という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
November 04 2006 at 03:47PM IOL.CO.

動物園のベルーガ(シロイルカ) Yulka に赤ちゃんが誕生しました。これはヨーロッパの動物園では初めてのことだそうです。

スペイン東部バレンシア動物園の発表によると、Yulka は6ヶ月の妊娠期間を経て陣痛に4時間かかり、グレイ・ブルー色の赤ちゃんを産みました。性別はまだわかっていません。体重は90キロ、体長は1.2メートルでした。

動物園によると生まれたばかりのベルーガの死亡率は高いので、専門家のチームがこの赤ちゃんに付き添って生き延びさせるためにベストを尽くすとのこと。
SPONSERD LINK

一般の人々がこの赤ちゃんを見ることができるようになるには少なくともあと1ヶ月はかかりそうです。

ベルーガは大人になるとクリーミーな白色になりますが、生まれた時はダークブルーか、グレーで丸々として抱きしめたくなるような様子をしており、鼻は短めです。彼らは30年くらいは生きるそうです。



人間も動物も赤ちゃんは可愛いですよね。無事に長生きして欲しいもんです。日本では2004年7月に初めて名古屋港水族館で赤ちゃん誕生に成功しているようです。今現在も妊娠を確認し、出産準備中だそうです。楽しみですよね。

記事作成日:2006年11月08日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.