おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

世界で2番目に小さい魚が発見された話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
November 14, 2006 17:44 PM PENANG BERNAMA.COM

Universiti Sains Malaysia (USM) の科学者達は Perak(ペラ) の peat swamp(泥炭湿地) で、世界で2番目に小さいと考えられる10
mmの魚を発見しました。

USM の生物学助教授 Prof Dr Khoo Khay Huat は peat swamp にすむ生物の種類や繁殖パターンなど生物学的特性を研究している際にその未確定の新種を発見したのです。そして今なお研究中です。

Dr Khoo によると、その魚は、暗い茶色の水で酸性度はpH4 と pH5 とほとんどビネガーに近い水中で見つけたそうです。
SPONSERD LINK

その魚は非公式には "Perak fish" と呼ばれており、その属と種を確定する研究は続けられています。1年のうちには準備できるだろうと彼はレポーターに語っています。

この "Perak fish" を発見する前にも彼は約1ヶ月前に Sungai
Gayau, Mukah, Sarawak で体長1.2cm の魚 "Paedocypris
Mecromegethes" を発見しています。その名前はギリシャ語の
"Paideios"(子供)と "Mecromegethes"( 小さいサイズ)からつけたそうです。彼らはchildlike fishとよび、その2種類の魚は同じ属の異なる種ではないかと考えているそうです。

彼は魚たちの棲みかが完全に消え去る前に広範囲にわたる研究をしたいと語ります。というのは森林破壊が広がり、peat swamps 周辺をオイルパームプランテーションにする開発が進んでいるためです。彼は生物達は生き残ることはできないだろうと心配します。

Dr Khoo と彼のチームはインドネシアのスマトラに行き、 Jambi の
peat swamps で見つかった世界で最も小さい魚と比較研究をするそうです。

"Jambi" として知られる魚は成熟した個体で7.9mmの体長しかなく酸性度 pH3 の暗い茶色の水の中で発見されました。

小さなシースルーの"Jambi" は幼生のようで頭蓋骨が小さく脳は骨によって守られていません。そして Sungai Gayau で発見された種とよく似ています。

一方生物学部学部長である Prof Mashhor Mansor 氏は、いまだに発見されたり文書にされたりしていない他の種を探すためにSelangor(セランゴール)、 Perak(ペラ)、 Johor(ジョホール) Pahang(パハン)など国中の peat swamps の研究も続けていくと語っています。


◆◇◆
泥炭湿地というのは、海岸や河川沿いの低地に分布し、雨季には冠水した状態になることから、倒木や枯れた植物が数千年にわたって分解されずに泥炭となっている場所だそうです。(熱帯林行動ネットワーク(JATAN)より)かなり酸性度が強い水で生物はいないと考えられていたようですが、どっこいしぶとく生きるお魚さんたちがいたわけですね。
しかしせっかく発見されたのに彼らの命も開発の嵐の前に風前の灯とは・・・なんかがっかりしちゃいますね。他にもたくさんの世界初の生物が出てきそうに思うんですけど・・・。

記事作成日:2006年11月15日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.