おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

深い海の底にすむ生物とは・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Wellington, New Zealand (Nov 21, 2006 18:36 EST) Underwatertimes.com News Serviceチューブワームの写真でてますよ。

アメリカとニュージーランドの科学者率いる国際チームは、ニュージーランドの東海岸沖のメタン湧出域周辺で初めて風変わりな深海生物群を発見しました。

南西太平洋で cold seeps (冷湧水域)が観察され、サンプルを採集されるのは初めての事で、これらの興味深い生態系を知る上で大いに役立つだろう、とマサチューセッツの Woods Hole Oceanographic Insti-
tution (WHOI) Dr Amy Baco-Taylor 氏は語ります。彼は New
SPONSERD LINK
Zealand's National Institute of Water and Atmospheric
Research (NIWA) の Dr Ashley Rowden と共に調査航海の共同リーダーでもあります。

21名の調査隊は NIWA の深海調査船 Tangaroa で2週間かけてニュージーランド東海岸周辺の冷湧水域 と"chemosynthetic" eco-
systems (化学合成生態系)を調査しました。

冷湧水域は海底でメタンガスや硫化水素がさらに深みの large stores から漏れ出している場所です。hydrothermal vents (熱水噴出孔)のように冷湧水域は、ユニークな生物群を支えています。その生物たちは、太陽光がないところでエネルギーに富む化学物質を"chemosynthesis" (化学合成)という形で栄養に変化させることができるバクテリアと共存することで生きています。

ニュージーランドは少なくとも4タイプの化学合成生物群の生息地が存在する世界でも数少ない場所なのです。

調査隊はノースアイランド東部の大陸斜面の深さ750から1050メートルのところにある8箇所の冷湧水域を訪れました。

Dr Rowden によると世界で一番広い冷湧水域 "The Builder's
Pencil" を発見したそうです。その広さは0.18平方キロメートルとのこと。

ニュージーランド沿いにいくつか冷湧水域があることは大陸縁辺部の地質学やbiogeochemical(生物地球化学)の研究で以前から知られていました。しかしこれらの冷湧水域に住んでいる多様性のある生物群が直接観察され、文書でまとめられ、南西太平洋の中で冷湧水域生物群発見の報告がなされることは初めてのことだそうです。

生物学上で発表された冷湧水域生物群で近くにあるのはチリ沖と日本です。ニュージーランド沖のそれもまた 広さの面では注目すべきものです、とDr Baco-Taylor 氏は語ります。

調査隊は精密なソナーを使用して海底図を作成し、メタンプルームを探り出し、冷湧水域の可能性を正確に割り出していきます。それから科学者達はビデオとカメラシステムをその場所に下ろし、その場所の有機体や広さを確認します。

ビデオの映像によって彼らは、湧水域の中心部にある石灰岩転石やスラブの下から出てくる30〜40センチの長さのチューブワームを見つけます。岩の周りは黒くなった浮泥と白いバクテリアマットがまだらにに見えています。ほとんどの湧水域には死んだ貝や生きている貝を含め、いろいろな種類の二枚貝やむらさき貝から成る大規模な shell beds があります。その周りを別のタイプの深海チューブワームが取り巻いています。このワームには内臓がなく栄養摂取は 共生バクテリアに頼っているのです。湧水域のうち2箇所では、サンゴとたくさんの数の海綿が観察されています。

私達は正式に同定するために湧水域の周りに住む動物のサンプルを採集しましたが、以前の研究よりだいぶ経っているので、採集したサンプルの中に何種類か新種がいるかもしれないと Dr Rowden は語ります。

調査隊は化学分析のため湧水域付近の浮泥と水も採取し、ソナーを使ってその下の地質構造を調査します。

多くの湧水域が発見されるということはニュージーランドの東部の大陸縁辺部に沿って冷湧水域が豊富にあるということを示しています。しかしこの調査によってこの生物群が人間の活動による深刻な脅威に直面していることも明らかになりました。すべての湧水域でトロール網によるきず、落としたと思われるフィッシングギア、広範囲にわたって落ちている深海サンゴの破片など漁業によるダメージの痕跡が見つかったのです。

◆◇◆
チューブワームというのは口も消化管も肛門も持たず、体の中にうじゃうじゃ細菌を飼っていてそれらに栄養を作ってもらってるんだそうです。太陽光の元での植物と葉緑素による光合成に匹敵する栄養供給関係らしいです。
真っ暗な中でもみんなせっせと生きているんですねえ。寒いだの暑いだのばっかりいってないでもっとがんばるゾっ!オー・・・と一人で盛り上がる管理人でありました。

記事作成日:2006年11月23日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.