おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Atlanta, Georgia (Nov 21, 2006 08:01 EST) Underwatertimes.com News Service

犬のように上に乗ったり背中をこすりつけたりと、ザリガニも支配と服従を示す綿密に決められた儀式行動をとるとアメリカの研究者が発表しました。

無脊椎動物で、高等動物に見られる「ハンピング」のような行動をするのを見るのは初めてだと彼らは言います。

ジョージア州立大学の Fadi Issa と Donald Edwards が雑誌に発表したところによると、この行動は戦いにまでつながりかねない緊張を抑えるためだとしています。
SPONSERD LINK

ザリガニがそうした複雑な儀式を行うのは、2匹のオスが彼らの支配関係を示す pseudocopulatory(擬似交尾)行動をとっている時であることがわかったそうです。

この後攻撃性が弱まり、服従して生き残る見込みが増えるのです。

申し出に従わない下位ランキングのザリガニは殺されたり、手足をもがれたり、一部食べられたりします。

ザリガニは川底や小川などで普通に見られます。小型のロブスターにも似ており多くの地域でおいしいものとされています。

研究者は様々な組み合わせの20匹のオスを一緒にして行動を観察しました。オス同士がはじめて出合った時この行動が共通に見られ、数日後には緊張は取り除かれていました。

これらの効果はオスとメスの交尾と同じであると、彼らは言います。オスとメスの交尾も攻撃的に始まりますが、一種のオスの優位行動の延長として見ることができます。

さらにもしメスがオスの誘いを断ると殺される可能性もあります。

そうした行動は霊長類を含む群れで生活する動物にしばしば見られます。

レポートによると無脊椎動物がそうした行動を取ることは動物界では一般的なことで、おそらく長年の進化の結果であろうとのこと。そしてこうした行動は生き残るのに役に立つだろうとも付け加えています。

◆◇◆
ザリガニを飼っていて一番やるせないのは「共食い」があった時なんだそうです。ついさっきまでピンピンしていたのにふと気づくと哀れなお姿に・・・。飼ってる人にとってはやるせないけど、これが自然の摂理ってモンなんでしょうか。それでもザリガニが全滅しないようにうまいことできているということなんでしょうね。
ザリガニ料理というのは世界的にわりとポピュラーみたいです。スウェーデンの塩茹でザリガニはよく聞きますよね。また台風でひどい目にあったアメリカのニューオーリンズもザリガニ料理が名物だそうです。スパイスたっぷりのスープで茹で上げるので病み付きになる味だとか。日本のそのへんにいるザリガニを茹でても同じ味にはならないそうなのでご用心。

記事作成日:2006年11月24日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.