おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ザトウクジラは賢かった、と言う話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
WASHINGTON (Reuters) 27-Nov-06 06:37 GMT Scotsman.com

アメリカの研究者の報告によると、Humpback whales(ザトウクジラ) は人間や類人猿、イルカのような鯨類にしか見られない脳細胞をもっているとのことです。

このことは、この種のクジラは今考えられているよりさらに知能が高いということを意味し、複雑な脳の基盤が何度も進化したか、他の動物では使われないままになってしまったかのどちらかではないかと研究者は語ります。

この発見によって、クジラに見られる複雑なコミュニケーション技術、群れのフォーメーション、協力しあうこと、文化の伝達や道具を使うことなどの行動の意味が説明しやすくなると報告されています。
SPONSERD LINK

ニューヨークの Mount Sinai School of Medicine 神経科学学部の
Patrick Hof と Estel Van der Gucht は humpback whales の脳を研究し、人間や類人猿に見られるのと同じ場所の皮質から紡錘形ニューロンと呼ばれるタイプの細胞を発見したのです。

紡錘形ニューロンの働きはよくわかっていませんが、おそらく認識--学習、記憶、自分の周りの世界の認識などにかかわっていると考えられます。紡錘形細胞はアルツハイマー病や自閉症や統合失調症などのような衰弱性脳疾病に影響されるようです。

研究者は、紡錘形ニューロンは大きな脳を持つハクジラ類でも同じ場所にあることを発見しました。そのことで彼らは脳の大きさに関係するのだろうと考えています。オルカのようなハクジラ類は一般的に humpbacks や
blue whales (シロナガスクジラ)のような水をろ過して食物をとるヒゲクジラ類よりは賢いと考えられてきました。

humpbacks も大脳皮質に "islands"(島) と似た部分を持っていて、それは他の哺乳類にも見られるものです。

この"islands" はニューロン間ですばやく効率のいいコミュニケーションを取れるように進化してきたものであると、研究者は言います。

研究者によると、紡錘形ニューロンが原人や人間、類人猿に共通の祖先に最初にみられたのは約 1500万年前だそうです。鯨類ではそれより進化は早く、おそらく3000万年前だろう、とのこと。

紡錘形ニューロンは大きな脳を持つ動物にあるだけでなく、何度か独自に進化を遂げたと研究者は語ります。

マッコウクジラ、シャチ、ザトウクジラなどが複雑な群れ社会のパターンを示すことに注目するのは重要なことであり、これらの能力は鯨類と原人の脳組織でのよく似た組織学的な複雑さに関係するのではないか、と彼らはレポートに書いています。


◆◇◆
ザトウクジラはラブソングを歌うクジラとして有名なのだそうです。彼らも流行に敏感で、あるオスの歌がメスに人気があるとわかるとその歌をみんなこぞって覚えて歌いだすとか・・・彼らなりの文化の継承とか伝達なんでしょうね。そんなクジラ文化の話をこちらで見つけました。

記事作成日:2006年11月28日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.