おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
December 05, 2006 03:26pm NEWS.com.au

史上初めて研究者は有人潜水機を使って新種発見のためオーストラリアの深海に挑みます。

プロジェクト名 Deep Australia の一部として科学者は1キロまで潜れる特別な潜水機を使用します。

これまではオーストラリアでの研究はダイバーに頼っており、潜れるのはおよそ100メートル程度でした。

潜水機にはメカニカルアームが付いていて生物の採集ができ、state-of-the-art cameras(最先端のカメラ) は水中の様子を記録できるようになっています。
SPONSERD LINK

主任研究員 Justin Marshall 教授は、これを使ってバスのような大きさのジャイアントスクイドや深海くらげも捕獲できると語ります。

彼らは新種の発見も期待しています。オーストラリア周辺の深海に実際何が住んでいるのか限られた情報しかありません、自慢ではなく新しい生物を見つけることができると思っています、と教授は言います。

調査隊のリーダー Michael McDowell 氏が語るには、世界の海で調査されているのはたった5パーセントにすぎず、科学者の推測では1000万種類の生物はいまだに未発見であるとのこと。

プロジェクトが初めて頓挫したのは装備が56メートルの地点で使用されているときでした。ハリケーンカトリーナによって1600万ドルの船がダメージを受けてしまったのです。

船は現在アメリカのシアトルにて修理中です。

最初の調査が開始されるのは2007年後半の予定です。クイーンズランド北部沖のOsprey Reefとグレートバリアリーフの外部スロープが当初の調査地域として選ばれています。

南オーストラリアや西オーストラリア沖の深海峡谷、ニュー・サウス・ウエールズやビクトリア沖の海中山脈など他の可能性のある場所も考えられています。

このプロジェクトはオーストラリア研究会議、クイーンズランド大学ほかいくつか個人の団体などの出資よって成り立ちます。

将来的に出資者は科学者の調査に同行する機会があるかもしれません。

◆◇◆
人類が深海に関心を持ち調査に乗り出したのは1875年ごろからだそうです。イギリスの海洋観測船「チャレンジャー6号」が水深や海底生物の生存調査に成功し、その後続々と新技術が開発され現在に到っているようです。日本の深海調査船「しんかい」「かいこう」なども海底生物を発見したり、撮影に成功したりいろいろ活躍してるのは記憶に新しいですよね。
オーストラリア沖でも何か珍しい新種が見つかるかもしれないですね。有人潜水艦の歴史(こちらでイラストが見られますよ。)





記事作成日:2006年12月07日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.