おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

水族館から開放されたホホジロザメの話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Monterey, California (Jan 16, 2007 14:44 EST) Underwatertimes.com News Service

Monterey Bay Aquarium で9月から展示されていた若いオスの
white shark(ホホジロザメ) が、1月16日朝日が昇る頃タグを付けられて海に返されました。この水族館が white shark を展示して野性に返すのは2年間で2回目になります。

海でトップを行くプレデターを16日以上展示した水族館はここだけです。

SPONSERD LINK
水族館のスタッフは90日間動きをたどる事のできるelectronic data
tag をつけてサメを Monterey Bay に放しました。サメがどのあたりを泳いでいるのか、深さはどれくらいか、どのくらいの水温を好むのか、といった情報が記録され、4月半ばにタグが切り離される時にそのデータが衛星を経由して科学者に送られるのです。タグのデータはTagging of
Pacific Pelagics web site, www.toppcensus.org. に送られます。

このサメは8月31日に水族館にやってきたときより体長も体重も少し増えました。これ以上大きくなると、海までの輸送が困難になったり、輸送中の人間のリスクが大きくなることからリリースが決定されました。

この水族館では white shark が展示されたことで観客も増え、にわかに応援の機運が高まり、たくさんの寄付が寄せられたそうです。それはサメの野外研究に使われます。

研究者は水族館の部分的な資金援助を受け、2006年の秋だけで Farallon Islands と Point Ano Nuevo 沖で41頭の成熟したサメにタグを取り付けることができました。これはこのような短期間で付けられたタグの数としては最も多い数値です。現在研究者とTagging of Pacific Pela-
gics (TOPP) はカリフォルニアの Central Coast 沖で約101頭のサメにタグをつけています。

タグからのデータによってwhite sharks が東部太平洋の広範囲にわたって移動することがわかったと研究者は言います。

水族館はこの夏6回目の野外研究を行うことになっており、展示できるような若いサメを捕獲したいと思っているとの事。


◆◇◆
今回リリースされたサメは水槽内のほかの魚には一切目もくれずスタッフがくれるサーモンやブラック・コッドで満足していたようです。メルボルン水族館のハイイロコモリザメ GEORGIE ちゃんはスタッフがくれるゴハンだけでは物足りずに隣を泳いでいるお魚を「つまみぐい」しちゃってたそうですよ。





記事作成日:2007年01月17日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.