おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ブルーレボリューションの話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Los Angeles, California (Jan 29, 2007 17:32 EST) Underwatertimes.com News Service

農作物の生産を増やす "Green Revolution" に続き、海での栽培養殖を目指す "Blue Revolution" の研究が Southern California 大学の海洋生物学者によってなされているそうです。

増え続ける人口に対してどうやって十分な食料を供給するかについて何らかの決定をしなければいけない、とカキの成長の研究についての共著者である Donal Manahan 氏は語ります。

SPONSERD LINK
カキは昔から多くの人に食べられており、もし伝統的な漁業が崩壊した時には、再び「海の大豆」になりうるだろうと彼は考えています。

彼と主席著者 Dennis Hedgecock 氏はカキの成長率につながるおよそ350個の遺伝子を発見しました。また彼らは hybrid vigor(雑種強勢)につながる遺伝子も発見しました。これは雑種の子供の能力が両親よりも優れることがあるという現象で、進化論的にも農学的にも興味深いものです。企業がこの力を応用し、トウモロコシの生産を上げている例もあります。

交配したカキは両親よりも早く成長し、それはまるでトウモロコシのようだと Manahan 氏は語ります。

Green Revolution は試行錯誤の連続で、企業は最もよい結果を探すため可能な限りの交配を試しています。hybrid vigor の遺伝子を調べることで、あて推量ではなくトウモロコシの種類やカキのタイプのベストな組み合わせを探すことができるのです。

最終的な目標はカキや他の甲殻類などを効率よく永続的に養殖することで、大型の魚の水産養殖も研究中とのこと。

問題なのは hybrid vigor の現象は多くの魚では見られないことで、カキの場合でさえも、そのルールは遺伝学的にも生物学的にも従来の考えよりはるかに複雑であることが分かったそうです。


◆◇◆
カキの養殖について実はよく知らなかったので調べてみると、その歴史は古く古代ギリシャやローマではすでに行われていたんですね。日本では江戸時代に盛んになり、大正時代に広島で筏に吊るす養殖方法が開発されました。世界各地で養殖されているそうですが、アメリカ、韓国、フランスなどで特に盛んにおこなわれているとのこと。
カキに関しては養殖技術は確立されているそうですが、アメリカが求めるのはより大きくとかより大量にということなんでしょうかね。
プリップリの美味しいカキ食べたくなってきた・・・





記事作成日:2007年01月31日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.