おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、楽しそうな話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ネッシーハント&音楽祭の話

芸達者なタコの話

魚の餌付けをするのは誰だ?・・・という話

ケージ・ダイビング気分を味わえる水族館の話


幸せを呼ぶ金の魚の話

おばあちゃんの初釣果は大ザメだった・・・という話

巨大バスをねらう3人の男達の話

巨大イカの展示は大仕事だ・・・という話

ジンベイザメが泳ぐ水族館の話


巨大イカが光る!・・・という話

アマゾン川泳ぎきり計画ついに始動という話

刺青魚が販売されたという話

ニューポート水族館での新しい試みとは・・・という話

アマゾン川に挑戦する男の話


一日一魚を成し遂げた男の話

人を恐れないペンギンの話

ヨーロッパ初ベルーガの赤ちゃん誕生という話

ロンドンに誕生するという巨大水族館の話  

新人芸術家の正体は?・・・という話


自分のクレーターを自慢する魚の話

トンガ発海で漁をする豚の話

魚がロボットビークルに乗って陸上を探検する話

夢のような海中ホテルの話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

刺青魚が販売されたという話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Williamsvillem, New York (Feb 2, 2007 16:15 EST) Underwatertimes.com News Service(刺青魚の写真があります。)

ニューヨークは Williamsville(ウィリアムスビル)の Steve's Wonder-
ful World of Pets でオーナーの Steve Lane 氏は初めて刺青をした魚を売り出したそうです。模様はいろいろ、水玉、ストライプ、ピンクのハートもあります。

この魚はシンガポールから輸入されました。 Lane 氏は魚たちは捕まった後タトゥーガンで刺青を入れられたのではないかと考えています。
SPONSERD LINK

4匹の魚が意見を聞くために SPCA に持ち込まれています。広報の
Gina Browning さんは自分の知る限り魚の刺青は違法ではないが、許されるものではないといいます。

一方 Lane 氏はこの魚によってより多くの人が趣味を持つのはいいものだと思ってくれること願っている、特に子供がこの魚を見て、自分も水槽を買ってどうやって世話をするのか知りたいと言い出すようであれば嬉しいと語っているとのこと。

◆◇◆
どうやって模様をつけるのかよく分かりませんが、魚の健康上どうなんでしょうか。ここまでやっていいの?という気がしないでもないんですが・・・。
ちなみに SPCA というのは Society for the Prevention of Cruelty to Animals (動物虐待防止協会)の略で、動物愛護の精神や法律に基づき傷ついた動物の保護など様々な活動を行っている非営団体だそうです。





記事作成日:2007年02月04日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.