おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、残念な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

世界で一番白いビーチのはずが・・・という話


うっかり捕獲してしまったジンベエザメの話

傷心のあまり死んでしまいそうなイルカの話


またしても生きた化石の話

アメリカのジンベイザメの悲しいお知らせ


人気者の魚が死んでしまった悲しい話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

またしても生きた化石の話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Tokyo, Japan (Feb 7, 2007 15:21 EST) Underwatertimes.com News Service (ゴブリンシャークの写真がでてます。)

「生きた化石」といわれる大変珍しいgoblin shark(ミツクリザメ) が生きた状態で捕獲されましたが、残念ながら死んでしまったとのこと。捕獲された場所はなんと東京湾です。

このサメは150メートルから200メートルの深さで漁師の網に引っかかっていたそうです。1月25日Tokyo Sea Life Park (葛西麟海水族園)スタッフが地元の漁師とともに船に乗り、このサメを発見したそうです。
SPONSERD LINK

展示水槽に入れたところ1月27日朝に死んでしまったとの事。

サメの体長はおよそ1.3メートルあり、有史以前のサメらしく海底付近に住んでいるそうです。彼らの生態についてはほとんど知られていないとの事。

◆◇◆
ミツクリザメという和名は東京大学三崎臨海実験所の初代所長箕作佳吉教授に因んだものだそうです。このサメについての詳細はこちら
ミツクリザメの死骸はたまにあがっていたそうですが、生きた状態で捕獲できるのはほんとにまれなことのようです。残念!





記事作成日:2007年02月08日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.