おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、残念な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

世界で一番白いビーチのはずが・・・という話


うっかり捕獲してしまったジンベエザメの話

傷心のあまり死んでしまいそうなイルカの話


またしても生きた化石の話

アメリカのジンベイザメの悲しいお知らせ


人気者の魚が死んでしまった悲しい話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

傷心のあまり死んでしまいそうなイルカの話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
February 19, 2007 Rome TIMESONLINE

2年前 Adriatic Sea(アドリア海)でひどく傷ついた若いイルカが救助されました。Mary Gと名づけられたイルカはトレーナーの献身的な世話で健康を回復しました。

ところがトレーナー Tamara Monti さん(37歳)は逆上した隣人の攻撃に合い亡くなってしまったのです。イルカは悲しみのあまり今にも死にそうな状態とのこと。

この話は Riccione(リッチョーネ)の Oltremare water park のスタッフがイルカの命を救いたいと国際的に助けを求めた事で明らかになりました。
SPONSERD LINK

このイルカはいつも食べていたミルクとイカを食べなくなり体重は50キロ減少し、胃の感染症治療も受けようとしないといいます。Monti さんのフィアンセ Robert Gojceta 氏もイルカの世話を受け持っていますが、元気を回復させることはできないでいるそうです。

water park のディレクター Leandro Stanzani 氏は Ms Monti は Mary G の母親代わりだったと語ります。イルカとトレーナーの関係は常に特別ですが、今回の場合は特に親密な関係で、彼女と Mary はいつも触れ合っていたようです。

若いイルカを飢えから救うための試みとしてスタッフは Pele と呼ばれている年上のイルカを水槽に入れ友達になって食事をするようになって欲しいと願っていますが、今のところ功を奏していないようです。

警察発表によると Monti さんは彼女が飼っていた2匹の犬のことで何回もアパートの隣人と口論しており、引越しを考えている矢先に刺殺されてしまったとの事。

◆◇◆
このイルカとトレーナーは強い信頼関係で結ばれていたのでしょうね。
Mary G はもう2度とTamara さんに会えないということを野性の本能で感じ取ったんでしょうか。





記事作成日:2007年02月20日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.