おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、どうなるのだろうという話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

温暖化でリーフフィッシュはどうなるか?・・・という話

赤珊瑚ジュエリーの行方はどうなる・・・?という話

魚の性転換に関連する化学物質を規制しよう・・・という話

復興の鍵となったフィッシュピクルスの話

メキシコの底なし湖の調査開始という話


侵略藻との戦いは続く・・・という話

深海魚の成長率が変わってきているという話

海を漂うゴーストヨットの話

ロブスターとクジラをめぐるバトルの行く末は・・・という話

アラル海を救うプロジェクトの話

イルカのチャットライン登場・・・という話


きれいになったテムズ川の話

売りに出された島の話

フィルとスムーシーの愛の行く末は・・・という話

暖冬に困惑するサーモンの話

北の海にもクラゲが満ちるという話

ワイキキのビーチを救え!という話


観光都市ヴェニスの将来は・・・?という話

フカヒレ料理の将来はいかに・・・という話

今ドバイが熱いゾという話

コククジラはどこへいったのか?という話

ホオジロザメは果たして水族館で生き残れるのか・・・という話

ジョージア水族館のGasper君の話


ダイエットにはげむサメの話

ヨーロッパの魚料理が危ないという話

フィッシュ&チップスに迫る危機の話

増えていくLionfishの話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

フィルとスムーシーの愛の行く末は・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
March 04, 2007 NIAGARA FALLS, Ontario Lockport Union-Sun&Journal

Smooshi はオンタリオのナイアガラの滝の Marineland で飼育されている5歳のセイウチです。そしてPhil Demers さん28歳は彼女のトレーナーです。彼女が4年前ロシアからやってきたとき、担当して世話をしたのが Demers さんだったのです。彼は懸命に世話をしたので Smooshi も彼のことを信頼し、2人の間には強い絆が芽生えたのです。

今では Demers さんが作業中のとき Smooshi は外に出されるまで鳴き声を上げ、彼がイルカなどのほかの動物の方へ向かう時は後をついて行くのです。ヒレで800ポンドの身体を引っ張り時々小さく鳴きながら彼のそばにいさえすれば彼女はとても満足そうにしているとのこと。
SPONSERD LINK

このようなことは初めての経験で園内でも今までなかったことだと
Demers さんは説明します。Canisius College の動物行動学教授である Dr. Michael Noonan によると、動物の場合、姿、音、匂いを短期間で覚えることで母親を認識するが、Smooshi の場合も Demers さんを母親だと思っているのではないかとのこと。人間に飼われている動物の場合時折そういうことがあり、それほどびっくりする話ではないそうです。

ところが不思議なことは Smooshi が Phil を親と認識する「刷り込み」現象が起きたのは18ヶ月の時であり、これは通常よりかなり時期的に遅いものでなぜそうなったのかは教授もわからないとのこと。

そしてもう一つ奇妙なのは Smooshi は Demers さんを独り占めしたいように見えることです。特に近くに女性がいるとはっきり分かるそうです。「あなたが私に近づきすぎると、Smooshi はあなたを動かそうとしますよ。」と彼は言います。「それほど攻撃的ではないですが、私に近づきすぎるなというはっきりしたメッセージを送ってきます。」彼が優しく背中をたたくと、Smooshi はそれに答えるかのように彼の方に顔を上げ、ひげが静かに Demers さんの顔にあたります。

Noonan 教授は彼らの関係を興味深く観察しており、Smooshi の感情は成熟するにつれて変化していくのではないかと考えています。

彼らの関係は動物と人間の関係に新しい光を投げかけるものであり、カナダ中のメディアが関心をもって彼らのことを報道しています。Demers さんが開設したホームページ(www.MySpace.com/SmooshiandPhil)(音声あり)には世界中からアクセスがあるとのこと。彼はこうして注目されることは Marineland にもまたそこで飼育されている生き物達にとっても良いことであると考えています。

◆◇◆
今回はセイウチとヒトとの愛に満ちたお話をご紹介しました。
セイウチというのは子供の頃大きな体にもかかわらず意外と甘えんぼなんだそうです。スムーシーが大人になってもしフィルさんの後を追いかけなくなったら、彼は娘を嫁にだした父ちゃんみたいな気分になるのかもね。





記事作成日:2007年03月05日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.