おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、分類不能な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

魚救助のため出動・・・という話

北極を泳ぐ男の話

こんなところに巨大ザメが!・・・という話

シーラカンスが捕獲されたという話

ツナ相手の危険なスピアフィッシングの話


伝説の魚 Tiger Fish の話

フカヒレの今後はいかに・・・という話

ナマズのつかみ取りは禁止・・・という話

ステンレスの釣り針はやめよう・・・という話

魚のジャンクフード化でトドの数が減る?・・・という話

耳の聞こえないイルカの話


クジラだって時には怒る?・・・という話

本物のニシマカジキじゃなかったのか?という話

人口尾ビレをつけたイルカの話

テムズ川で死んだクジラの骨が展示される話

座礁したイルカを救え!という話

イルカの攻撃から助け出された男の話


ヨットに衝突する海の生き物は・・・という話

白いアザラシが保護された話

リーさんのコイの行方は・・・という話

熱帯魚養殖は儲かるのか・・・という話

人口漁礁の命名権をゲットしようという話

ネス湖のモンスターの謎にまつわる話


高層マンションのベランダからサメを釣る男の話

行方不明の漁船が帰ってきたあかつきには・・・という話

絶滅を危惧されたザリガニのコロニーが発見された話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ナマズのつかみ取りは禁止・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Posted on Thu, Mar. 22, 2007 COLUMBIA KansasCity.com

Missouri (ミズーリ州)での noodling (ヌードリング)禁止を解くかどうかの5年間の試みが3年目にして終了するそうです。

州保護局は繁殖適齢魚に関する新たな危機を引き合いに出し、noodling として知られている、手でcatfish (ナマズ)を捕まえる方法にもはや許可を出すことはできず、来月からでも禁止すると発表しました。

Noodlers は素手で水中の穴や割れ目をつつきまわし100ポンド(約45キロ)もの魚を捕まえます。時には蛇やビーバー、snapping turtles(カミツキガメ) 等つかんでしまう事もあるといいます。
SPONSERD LINK

州法ではライン、ジャグ、ロッド、リールを使って1日に20匹までの cat-
fish を取ることは許可されています。Noodlers は各シーズンごとに5匹でいいからハンドフィッシングを認めて欲しいと要請しているとか。

しかし州内の catfish の死亡率が予想より高いことが科学者によって発見されたため、5年間あった猶予期間は終了したと Missouri Depart-
ment of Conservation の漁業課チーフは語っているそうです。

◆◇◆
泥だらけになって大ナマズと格闘するヌードリングは、何となく大自然あふれるアメリカっぽいと思ってしまいましたが、以外にも一般のアメリカ人にはあまり知られていない南部地域の伝統的な漁法なのだそうです。あまりに危険が多いため禁止されている州も多いそうです。詳しい話をこちらで見つけました。
それにしてもナマズの保護のために、というのであれば釣り道具を使っての漁獲が認められ素手での釣りが禁止されるというのは何でなのかなとふと疑問に思います。人間が水に入り込んでバチャバチャするのが環境によろしくない、ということなのでしょうか?





記事作成日:2007年03月24日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.