おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。魚ニュースといいつつ本日の主人公はコケです。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
April 2, 2007 Mail Tribune

アメリカで最もきれいな湖オレゴン州の Crater Lake(クレーター湖)の奥底では巨大なコケの群落が静かに暮らしているそうです。このコケ群は非常に長生きで、何千年もの間生きてきたのではないかと科学者達は考えています。

このコケ群は大部分が1つの種 Drepanocladus で "live, verdant
stuff"(生きた青物市場)と呼ばれ、90センチ〜1.8メートル、時には6メートルもの厚さになり、主に30〜128メートルの深さに生息します。公園内の Wizard Island(ウィザードアイランド) の浅瀬やカルデラの垂直な壁のまわりにも見られると Crater Lake の水中生態系学者であり、資源マネージャーである Mark Buktenica 氏は言います。
SPONSERD LINK

コケの年齢を確定するために科学者はこの夏湖に潜り、コアサンプルを採取する予定です。調査チームのメンバーである Southern Oregon
University (南オレゴン大学)の Steve Jessup 氏によると堆積物には情報が詰まっており、様々な堆積物の層にある花粉を分析することにより Crater Lake の歴史、気候、地質が分かるそうです。

Deep Moss は1988年にナショナルジオグラフィックにより発見され、現在に至って熱心な調査が開始されたそうです。科学者はこのコケ群が湖の生態系の中でどのような役割を果たしているのかいくつかのモデルを作り出しました。そのうちの1つはこのコケは湖の一種の胃袋として、死んだ
diatoms(珪藻)、phytoplankton(植物プランクトン)、小さな甲殻類、底に落ちてきた虫などを食べているのではないかというものです。

コケのベッドは地球の健康と温暖化の影響をはかる助けになるのではないかと、Oregon State University(オレゴン州立大学)の海洋学者である Bob Collier氏は言います。もし水が汚れた時にはコケ群は光を得るためにより浅い場所で成長すると考えています。20年前と成長レベルを比較してみるとコケの状態は以前と変わっていないことが分かったそうです。つまり湖の水は汚れていないということを示していると彼は語ります。

◆◇◆
クレーター湖というのはアメリカオレゴン州にあり、7、700年前にマザマ山の噴火によってできたカルデラ湖で、その周囲は国立公園になっています。水深は589メートルありアメリカでは一番の深さ、世界でも7番目の深さなのだとか。かなり風光明媚な場所のようです。
湖というと「まりも」のイメージが浮かびますが、この記事にある写真ではなにやらモンスターのような不気味な存在に見えますよね。でも実は水質浄化とか空気の清浄化とか何かすごい役割を果たしているのだったりして・・・。





記事作成日:2007年04月03日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.