おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

水中タービンの実力は・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
4/13/07 - NEW YORK abc13.com

ニューヨーク市を流れる濁った川には、ゴミや化学物質、時にはギャングの体の一部など色々なものが流れてくるのではないかと考えがちですが、州当局はそれを変えようと試みています。

Virginia company と共同で East River(イーストリバー) を利用しユニークな試みで新たなエネルギーを生み出そうとしているのです。それは6基の巨大なタービンを水中に設置し、潮流を利用して電気を生み出すというものです。

直径16フィートある風車のようなタービンの一部はすでに稼動していて
SPONSERD LINK
Roosevelt Island (ルーズベルトアイランド)の食料雑貨店とガレージに電力を供給しています。他のタービンはこの2週間以内に据え付けられる予定です。

このプロジェクトの責任者は水中タービンのアイディアが合衆国で使用されたのはこれが初めてだと語ります。あえてニューヨークを選んだのは
East River は潮の干満があるからとのこと。

一つ問題なのはこの川の流れが時々とてもゆっくりになることです。このタービンが生み出す電力の最大出力は10メガワット、10,000世帯分の電力を満たしますが、平均ではその77パーセントです。800万の人々が住む都市には不十分ですが、環境問題専門家によると正しい方向への第一歩だとのこと。

しかし環境問題専門家の中にはこのプロジェクトによって魚に影響があるのではないかと心配する声もあります。彼らは川底の泥がまきあがったり、魚の生息地が変化してしまうことを懸念しているのです。この川は30年以上前はそれほど汚い川ではなく striped bass (シマスズキ)、
herring (ニシン)、smelt (ワカサギの類)、sturgeon (チョウザメ)などが住んでおり多くは海とこの川を行き来していたのです。

Verdant Power 社社長 Trey Taylor 氏によるとタービン付近の魚はソナーでモニターされるので問題はなく、また川底はほとんど床岩なので泥が舞う心配もないそうです。商業船もこのあたりは通らないのでそちらへの影響もないとのこと。

このタービンが与える影響について環境保護団体は有効データを求めるなどの行動をしていましたが、今のところ満足しているようです。プロジェクト推進チームは慎重に行動しているように見えるし、責任あるやり方で先に進もうとしていると保護団体のメンバーは語ります。

Trey Taylor 氏の夢は大きく、このテクノロジーをアメリカのみならず世界中に普及したいと考えているそうです。

◆◇◆
風力発電や太陽発電などに加え、波力や潮力を利用した海洋エネルギー開発の試みが世界各地でなされているようです。ノルウェーでは2003年から潮力発電所が稼動し、韓国でも世界で最大の発電能力をもつシファ湖潮力発電所が建設されているとのこと。海洋生物への影響とか、メンテナンスの難しさなどクリアすべき問題はいろいろとありそうですが、石油や石炭などに頼らない代替エネルギーへの第一歩ということでしょうか。





記事作成日:2007年04月15日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.