おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

新種のサンゴ発見!という話

こんなニュース見つけちゃいました。お魚ニュースといいつつ本日はサンゴ発見のニュースです。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Muscat, Oman Apr 30, 2007 Underwatertimes.com

オマーンの海岸沖で2種類の新種のサンゴと以前にこのエリアでは知られていなかった種類のサンゴが発見されたとのことです。このあたりの海にはおよそ130種のサンゴが生息すると推定され、科学者は新種も含め少なくとも20種類以上はまだ発見されていない種類が生息しているのではないかと考えているそうです。

今回 Sultan Qaboos University(スルタン・カブース大学) のサンゴ礁生物学者によって発見された新種は blue coral (Porites decussata) と sixteen-finger flower coral (Calathiscus tantillus)の2種類です。sixteen-finger flower coral は非常に珍しい種類で、短命なコロニーをつくり、オマーンの Daymaniyat Islands でしか見つかっていません。一方 blue coral はだいたい5−6センチの小さなコロニーを作りオマーンを初め他の中東エリアでも多数発見されているようです。
SPONSERD LINK

Daymaniyat Islands での発見でもうひとつの重要なポイントは、地球温暖化によって引き起こされる海水温の上昇により世界中のサンゴ礁が深刻な影響を受けているにもかかわらず、この海域のサンゴ礁は拡大しているということです。1998年インド洋のサンゴ礁は壊滅的な打撃を受け、
Maldives(モルディブ)、Seychelles(セーシェル)、Chagos (チャゴス)などでは広大な海域のサンゴの90パーセントが白化減少を起こしました。しかしこの間 Daymaniyat Islands のサンゴは元気に拡大を続けていたのです。

このことはオマーンは従来考えられていた以上に様々なサンゴの原産地であり、世界のサンゴ礁よりも海水温の変化に対応できる種類がいることを示しているといいます。研究者はオマーン地域は海水温上昇によって起こる白化などの変化を推定したり分析したりすることが可能な研究所として役に立つだろうと語ります。

オマーン政府はこれらの貴重なサンゴを錨、沿岸開発、フィッシングネット、トラップ、ラインなどから保護するために重要なステップを踏み出しています。この地域のサンゴを確実に保護するために政府は Environmental Society of Oman (オマーンの環境NGO) や Wildlife Conser-
vation Society (WCS) 、The Indian Ocean Research and
Conservation Association (IORCA)と共同で綿密な保護プロジェクトを進めていくとのこと。

◆◇◆
恥ずかしながらオマーン国がどの辺にあってどんな国かよく知りませんでした。アラビア半島の南東部に位置するエメラルドグリーンの海と砂漠の国で、首都はマスカット。現在の国王様がしっかり治めているそうでこの辺りでは唯一治安のいい国だそうです。伝統的な文化遺産を保護する政策をとり観光には多少不便だそうですが、古きよきアラブの姿を保っている国とのこと。こんな国だったらきっとすばらしいサンゴ礁の海も無事保護されていくのではないかと思いました。





記事作成日:2007年05月02日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.