おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、不思議な話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

魚の首のネックレスの正体は・・・?という話

氷に埋もれた謎の骨の話

サメに恋心をいだかせる方法とは?・・・という話

イセエビの夜毎の大冒険の話

天の声で助かったサーファーの話


これは海のヘビなのかムシなのか?という話

北の海で捕まったサメの行方は?・・・という話

コイの季節のコイの受難の話

熱帯魚がいない・・・という話

足のあるサメの話

ミステリアスな冷たい渦巻きの話


それはネス湖と同じモンスターか?という話

凍った湖の奇妙な穴の話

なくした指輪が見つかった話

こんなところになぜサメが?という話

それはセミノール湖のネッシーだったのか?という話

珍しいサメの歯が盗まれたという話


またもや姿を現す深海魚の話

生きてる「生きた化石」の話

ただ乗りしたのはもしかしてダイオウイカ?・・・という話

火災報知器をならした犯人は誰だ?という話

テムズ川に現れたクジラの謎が解決したという話

ミステリアスな深海ザメの話


田舎道でバッタリ出くわした海の生き物は・・・という話

シベリアにあるという底なし湖の謎を解けという話

フィヨルドに現れたゼラチンボールの謎を解け、という話

サメの攻撃から人を守ったイルカの話

地震を予知した魚の話

アヒルの卵から孵ったものは・・・?という話


アヒルを食べた犯人は誰だ、という話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

北の海で捕まったサメの行方は?・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
04/26/2007 ICELAND REVIEW ONLINE

アイスランドは Akureyri (アークレイリ)近く Arskogssandur の
Olafur と Petur Sigurdsson 兄弟は自分の船で漁をしていました。すると思いがけないものがかかってしまいます。サメが釣り糸に絡まってしまったのです。

そのサメはなんと体長5メートルもあり兄弟が船の上に引っ張りあげた時にはまだ生きていました。しかしとてもおとなしく、ひっくり返したところすぐに死んでしまったとのこと。
SPONSERD LINK

兄弟はその獲物を持ち帰り地元の小学生に見せたところ大好評だったようです。

彼らは次の Thorrablot(ソーラブロート)の時にそのサメを食べるつもりだと語っています。誰かに加工してもらえれば Thorri の時期の間 ice-
cold Kaldi(アイスランドで初めて自家醸造されたビール)と一緒にすっかり平らげることができるだろうとのこと。


◆◇◆
Thorri というのは1月から3月までの冬の寒くて暗い陰鬱な季節のことで、この時期を少しでも楽しく過ごそうとアイスランドの人々は Thorra-
blot という行事をするそうです。それは家族や親しい友人同士で集まったりレストランに行ったりして昔の保存食を食べる集まりで、燻製にした羊の頭、ニシンの酢漬け、タラの干物、レバーパンなどかなり個性が強そうなものが並ぶそうです。初めはとっつきにくいですが慣れるとなかなか乙なものだとか。
そしてはずせないのがなんとサメ肉の加工品。これがものすごいしろもので塩漬けの後発酵させてあるそうですが、アンモニア臭がとても強く外国人観光客はみなノックダウンされてしまうとか。地元の人は普通これをつまみに思いっきり強い地酒を飲むようですが、件の兄弟はキンキンに冷えた
Kaldiビールを飲もうと計画しているというお話でした。

ちなみにアイスランドはフィッシング天国のようですね。湖や川にはサーモンやトラウトがうじゃうじゃ、海にはタラやヒラメなど魚種も豊富とのこと。釣り道具を持ち込む際には殺菌消毒済みの証明書が必要だそうですよ。





記事作成日:2007年05月03日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.