おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
Friday, 4 May 2007 BBC News

サンゴ礁にすむある種の魚には帰巣本能があるということが分かったそうです。

対象になった熱帯魚は「ファインディング・ニモ」で有名になった orange
clownfish (オレンジクラウンフィッシュ)と vagabond butterflyfish (フウライチョウチョウウオ)の2種類でした。研究チームはこの2種類の魚の幼魚に目印をつけ、大海原で数週間から数ヶ月過ごして成長した魚がどこに行くのかをつきとめたのです。

オーストラリアはクイーンズランドにある James Cook University (ジェームスクック大学)の Geoff Jones 教授によると、サンゴ礁の魚はとても小さい卵を産み海に放出し、それらは小さな幼生になり時には何ヶ月も海流を漂っていると考えられているそうです。教授たちは常に幼生たちはどこへいくのか、という疑問を考え続けていたと言います。
SPONSERD LINK

しかし今までは調査をするのは容易ではありませんでした。そこで研究者達は国際チームを作り問題解決にあたります。彼らが目をつけたのは母親でした。彼らはパプアニューギニアの Kimbe Bay(キンベ湾)からメスの魚を集め barium isotope を注入しました。アイソトープは骨などに蓄積され子供に伝わります。

数週間後チームはサンゴ礁に戻り小さい魚を採集し彼らに「しるし」があるか調査したところ、60パーセントが元の場所に戻っていることが確認されたのです。これは予期せぬ結果だと教授は語っています。

この2種類の熱帯魚がどのように生まれ故郷に戻るのかはまだはっきりと分かっておらず、今後も研究を続けていきたいと研究者は語ります。おそらくはホームアイランドを感じる何らかの感覚があって自分達の位置を確認することができ遠くまで漂うことはないか、遠くまで流されても帰巣のメカニズムが働きもとの場所に泳いで戻ってくることができるのではないかと
Jones 教授は言います。

教授はこの発見は他の熱帯魚にも当てはまり、もしそうであれば魚の持ち出し禁止区域をつくることは、乱獲された魚を保護するために有効な方法ではないかと考えています。というのもそこには数を維持するのに十分な幼魚が戻ってくるはずだからと彼は言います。

◆◇◆
2003年に日本でも公開された映画「ファインディング・ニモ」のせいでカクレクマノミやナンヨウハギが乱獲されていると一時期話題になっていましたが今海の中はどうなっているのでしょうか。
一方岡山理科大専門学校でクマノミの大量養殖に成功し販売ルートに乗りつつあるというニュースもありますが・・・。





記事作成日:2007年05月05日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.