おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

沈んだお宝の状態は?・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。お魚ニュースといいつつ本日は海に沈んだコインの話です。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
May 22, 2007 Slate.com

先週の金曜日にトレジャーハンターが17トンもの植民地時代のコインを積んだ沈没船を大西洋で発見したと発表しました。金額はおよそ5億ドルに相当するとのこと。チームのスポンサーは発見した場所やどんな船なのかは明らかにしていませんが、ゴールドとシルバーのコインはかなりいい状態であるということは述べているそうです。

沈没船の積荷のコインの品質はどんな要因によって影響を受けるのでしょうか。それはその船が沈んだ場所とコインの材質によります。海に沈んだコインは何百年も経つうちボロボロに腐食し、海の生物に覆われたり、石灰化や酸によるダメージを受けます。
SPONSERD LINK

暖かい海水も酸化作用や腐食作用を早めるためコインがいたむ原因になります。また海水中にはサンゴや微生物が多く、そういったものがコインを覆ってしまうとその価値は永久に失われてしまいます。それに比べてイングランド沖などの北の海はどんな種類のコインもいい状態を保ったまま発見されやすいそうです。

また海底の状態によっても変わります。泥状の海底はコインを保護しますが、砂が渦を巻いて流れているような状態ではコインの表面のデザインを削ってしまう可能性があるといいます。

砂の成分がコインの品質保護に役立ったケースもあるそうです。1857年に沈没した Central America (セントラル・アメリカ号) は炭酸カルシウム分を多く含む砂の上に沈んでいたので周りの海水がわずかにアルカリ性になり積荷のコインは酸による劣化から守られていました。1987年に発見された時には元の状態に近かったそうです。

カリブ海やフロリダ海峡のあたりは財宝を積んだ船が数多く沈んでいるそうで、それらはスペイン支配下にあり、新世界からヨーロッパまでのゴールデンルートを通る積荷を守る"treasure fleets"(財宝艦隊)の一部であったとのこと。この艦隊は海賊を追い払う役割も担っていたそうです。


◆◇◆
この船はその昔ほんものの「パイレーツ・オブ・カリビアン」に沈められたのかもね。
カリブの海賊といえば、17−18世紀にかけてカリブ海のスペイン領を中心に荒らしまわっていたバッカニアと呼ばれる海賊が実在したそうです。「女性や子供の捕虜には乱暴しない」など独自の規定があったり、能力に応じて獲物を分配するなど意外と民主主義的な規則を持った船もあったとか。(ウィキペディア「海賊」より)
18世紀になるとさしもの海賊天下も衰えきたようですが、今でもカリブ海沿岸には頑丈な造りの城塞や海に向いている大砲が残っているそうですよ。





記事作成日:2007年05月24日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.