おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、ワクワクする話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

ツナを追い続けた男の話

北の海で珍しい貝が発見されたという話

チェサピーク湾のチョウザメ復活か?・・・という話

記憶力を良くする水草の話

サメの抗体から新薬を・・・という話

青いロブスターが発見された!・・・という話

サメの血液から発見されたものは?・・・という話

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話


沈んだお宝の状態は?・・・という話

古代のアンカーが発見されたという話  

南極のウエッデル海で発見された新種たちの話

中国沖で発見されたお宝の話

世界最古のロブスターの化石発見という話

新種のサンゴ発見!という話

底なし池でお宝発見・・・という話

原始の両生類はかみつき派だったという話

水中タービンの実力は・・・という話


フライヤーの中で泳ぐ金魚?の話

海のお宝が発見されたという話

マレーシアで幻のサメ再び・・・という話

スポンジはすごい!・・・という話

サメ好きが作ったサメ除け装置の話

自家用イエローサブマリンはいかが・・・という話

パキスタンで世界一の化石サンゴ礁発見という話

恐るべき食欲のエビが発見された!という話

最北の地で見つかったサンゴ礁の話


バットマンの名前をもらったお魚の話

アメフラシ恐るべしという話

グレートバリーアリーフの助っ人は誰だ?という話

硫黄の上で生きる深海カレイの話

2006年に発見された驚くべき生物の話

オーストラリア深海調査プロジェクトの話

魚を見にトイレに行こう!という話

ベネズエラで新種の魚発見!という話

深い海の底にすむ生物とは・・・という話


世界で2番目に小さい魚が発見された話

北西ハワイ諸島でいろいろ新種が発見された話

水中と陸地を結ぶ魚の化石の話

北極で発見された『モンスター』の話

ダイオウイカが展示される話

インドネシア沖の海で新種の魚、珊瑚など発見した話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

魚はどうやって陸に上がったかの謎をとけ・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら
23 May 2007 BBC News

太古の昔どうやって水にすむ魚が陸に上がったのかという謎に対して遺伝学的研究がすすめられているそうです。

以前の研究では魚は突然変異によって足を得たと考えられてきました。しかしアメリカの研究チームは変化は非常にゆっくりであったことを示そうとしています。

この研究は、ヒレと足をつなぐ "missing link" をもつ化石が発見されたことによって始められました。それは Tiktaalik roseae と呼ばれる3億8千万年前に生きていたワニに似た生物の化石で2004年に発見されました。そのヒレは水中で暮らすためのものであると同時に陸上での活動にも使われていたことが明らかになっています。
SPONSERD LINK

University of Chicago(シカゴ大学)の主任研究者 Marcus Davis 教授はこうした化石は、陸上生物の手足や指などがどこからともなく現れてきたわけではないことを示していると語ります。彼らの研究では Hox
genes(ホックス遺伝子)という手足の発達に重要な役割を果たす遺伝子に注目しました。

教授たちは陸上の四肢動物の足の発生とゼブラフィッシュのヒレの発生にかかわる遺伝子の発現を研究します。四肢動物の場合、ホックス遺伝子によって手足などの付属器官が形成されていく過程は2段階に分かれ、発生の初期が第一段階、その後第二段階で指がどこに来るか、など特徴づけがなされていくそうです。しかしゼブラフィッシュの場合、第一段階はありますが、顕著な特徴を形成する第二段階はみられませんでした。

このことから教授はホックス遺伝子の発現の第二段階が手足の起源に関連するのでないかと仮定します。

Davis 教授は paddlefish(ヘラチョウザメ)を使って研究を続けました。この魚のヒレは原始的な魚のヒレとよく似た形体を持っているのです。教授によるとこの魚のヒレには明らかに第二段階の過程が見受けられ、このことはホックス遺伝子の発現の第二段階は実際は、はるか古代の進化のパターンだったことを物語っていると言います。

ある種の魚はヒレを変えていく遺伝的なツールキットを持っており、何らかの環境の変化によって深い水中から浅瀬に移動した魚たちには遺伝的に足を作る能力が現れたのではないかと教授は考えているのです。

Davis 教授はこの研究によってゼブラフィッシュの奇妙さが明らかになったことも興味深いと語ります。教授によるとこの魚は非常に独特な進化をとげ、ホックス遺伝子の発現の第二段階を失ってしまったかのようだと語っています。


◆◇◆
化石を調べてそんなに色々なことが分かるのだろうかとふと思うのですが、保存状態のいい化石からは現在の生物に見られるような器官の前の段階の痕跡が残っている場合があるのだとか。これからも様々な発見があるんでしょうね。





記事作成日:2007年05月25日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.