おさかなやイルカなどの水族系海外ニュースクリップをご紹介
海外ニュースを運ぶ伝書鳩サイト『うおみの鳩子』です

姉妹館『魚見オンライン』
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /
このページは、感心する話ジャンルを表示しています。
= タイトル一覧 =

役に立つラバークジラの話

カッコいいところを見せたがるオスの話

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

アメリカにおける天然エビと養殖エビの味の違いの話

違いの分かるワニの話

毒の中でたくましく生きる魚達の話

強力なフジツボ接着剤の話

泳ぐのが大好きな白虎君の話


歯医者が治療した生物とは・・・という話

よみがえった海の生き物達の話

世界で一番大きい真珠は誰の手に・・・という話

ニモの行方を突き止めろ・・・という話

ゴールドフィッシュ・グルの話

魚恐怖症を克服した男の話

100年生きたロックフィッシュの話

アメリカ一きれいな湖の奥にひそむ謎の生物とは・・・という話

イルカ探索犬登場・・・という話


鮭はうつ病に効くかも・・・という話

ウニは人類を救えるか?・・・という話

海の匂いはどこから来るのか・・・と言う話

二枚貝がカキを救う?という話

ブルーレボリューションの話

サメの保護に一役かったありがたいお説教の話

水族館から開放されたホホジロザメの話

ロブスターのお好みの家はどっち?という話

屋内でマグロを養殖するという話


浜で拾ったものがお宝だった話

海藻を復活させた芝生屋さんの話

あなたが食べる魚は絶滅危惧種?という話

ウミガメの壮大な旅の話

韓国に魚病院ができるぞ・・・という話

古代のジョーズのハジカラとは・・・という話

ザトウクジラは賢かった、と言う話

ビギナーズラックで釣り上げた魚は欧州一という話

魚に個性はあるのか・・・という話


ザリガニが生き残る秘策とは・・・という話

巨大シュモクザメが展示されるという話

ジンベイザメの身体検査は大変だという話

イルカのゴハンにならないために盗み聞きする魚の話

小さな「家政婦」ガニとサンゴの切っても切れない関係の話

海のチキンを目指す企業の話

健康のため魚を食べようという話

テッポウウオのハンティングテクニックの話

クジラの歯が福をもたらす話
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>

媚薬と考えられている醜い魚とは・・・という話

こんなニュース見つけちゃいました。

ニュースの概要だけ紹介しています。詳しい話はこちら(とぐろを巻く魚の写真が載ってます。)
Jun. 20, 2007 CBS NEWS

hagfish (ヌタウナギ)という底棲魚がいます。体長35センチ〜45センチほどのウナギに似た魚で、アゴはなく鼻孔が1つありほとんど目は見えません。舌に歯があり腐りかけた魚の穴から入り込んで内臓を食べるというぞっとしない魚ですが、韓国では媚薬と考えられ食べられているそうです。

そしてこのことがサーモンを初め他の魚の漁獲を厳しく規制されているアメリカ西海岸の漁師にビジネスチャンスを作り出しているのです。

カリフォルニアの年間漁獲量は実質ゼロだったものがこの4年間で15万ポンドになっています。オレゴン州やワシントン州でも昨年の漁獲量は約100万ポンドとの報告がなされています。
SPONSERD LINK

hagfish は年のいった韓国の男性に人気があり、ごま油で焼いて塩を振り酒の肴として食べられているようです。

カリフォルニアでシーフードの輸出業に携わっている Peter Chu 氏によるとこの魚は韓国で1ポンド当たり約20ドルで売れ、年に9百万ポンドが消費されると見積もっています。韓国では、hagfish は媚薬と考えられ、バイアグラのようなエネルギーを与えると言われているとのこと。

漁師によると hagfish 漁は比較的費用をかけずにできるといいます。4月にカリフォルニア当局はおよそ45,000匹もののたうちまわる hagfish を運んでいるボートに出くわしたそうです。それらは生きたまま飛行機に積まれ韓国に輸出されるものでした。その船のクルーは許可なしの漁業とあまりに巨大なトラップを保持していたことにより出頭を命じられたとのこと。

hagfish の天敵はクジラや海鳥、アザラシなどです。今のところこの魚は激減する心配はないようで、漁獲制限は設けられていませんが、もしこのブームが長続きするようであれば絶滅するのではないかと考える専門家もいます。

地元の漁師は、彼らは海のエコシステムの中で海底を掃除するという重要な役割を果たしているといいます。「ただ彼らはキュートじゃないので、人々のハートをくすぐらないんだ」とのこと。

◆◇◆
ヌタウナギは「コムチャンオ」と呼ばれ釜山の人々はよく食べるようです。見た目はちょっと難ありですが、意外にいけるお味だとか。
またこの魚が敬遠されるのは、ストレスを受けた時にだす強烈な粘液のためでもあるそうです。1匹のヌタウナギで約20リットルの海水を一瞬のうちにゼリー状にしてしまうほどすごいものだとか。天敵もたまったものではありませんが、ヌタウナギ本人も窒息してしまうそうです。





記事作成日:2007年06月21日

その日の疑問、その日のうちに・・・検索します?
<<前の記事へTOPへ次の記事へ>>
SPONSERD LINK

姉妹館『うおみオンライン』の最新水中動画

画像をクリックすると動画が再生されます。

他のニュースジャンルはコチラからどうぞ
/ 楽しそうな話 / ワクワクする話 / 不思議な話 / 感心する話 / 残念な話 / 怖い話 / どうなるのだろうという話 / 分類不能な話 /

uomi no hatoko

Privacy Policy of this SITE.